おしゃれ_ヨガマット選び

ヨガマットの選び方!初心者さんにおすすめの素材と厚みは?

ヨガマットってどんなものを選べばいいの?これからヨガを始めようと思っている人はヨガマット選びに迷ってしまいますよね。ヨガマットにも厚みや大きさ、それに素材や価格など種類もいろいろあります。初心者さんがヨガを始めるならどんなマット選べば良いのかをご紹介します。

naomi

初めてヨガマットを購入する時、どんなマットを買えばいいの?種類ってどのくらいあるの?って考えてしまいます。

ショップなどで実際に見ると、パステル系カラーが多くとっても可愛い♡なので余計にまよっちゃう。

今回はヨガ初心者さんがヨガマットを購入するときに選びたい素材や厚み、お手頃の価格についてご紹介しましょう。

楽天市場では「激安で丈夫なヨガマット」とランキングで紹介されているおすすめヨガマットもありますので合わせてご案内してみたいと思います。

スポンサードリンク

1.価格について

yogamat_kakakujyuushi

ヨガマットの価格はピンからキリまであるのですが、この3点でほぼ決まります。もう少し詳しくは後ほどお話していきますが、値段の差は素材が大きく関係しており、厚みや大きさでは大きく左右されません。

  • 厚み
  • 素材
  • 大きさ

初心者さんが初めて使用するのにおすすめの価格は2,000円~5,000円程度で、ちょっとヨガも慣れてきた頃になると素材の良いものが欲しくなる人もいます。

初心者さんは価格重視で選んでOK。

ヨガを末永く続けたいと思う人や専門的にヨガの道へ進まれる方は質の良いものへと買い替えますが、そんな人でも最初は初心者。手頃な価格からスタートしています。

最初から無理せず、長続きできたなら1ランクアップしたヨガマットを考えてみると良いですね。

2.厚み

シックなカラーのヨガマット

厚みは薄いものは1ミリから、厚いものだと15ミリ。一般的に使用されているのは3ミリ~5ミリくらいが多いです。

ヨガマットの厚みは行うヨガの種類にもよりますが、初心者さんはオールマイティーに使える3ミリ~5ミリで購入すると間違いなし。

迷ったら3ミリ~5ミリを選びましょう!

用途・その他
1~2ミリ 軽いので持ち運びに便利。旅行や持ち運び用のトラベルマット
3~5ミリ ヨガの種類を選ばずオールマイティ。ブランド、カラー、デザインが豊富
6ミリ以上 あまり動きがないヨガ、陰ヨガ・アイアンガーヨガなど

1mm~2mmのもの

〇軽いので持ち運びには便利です
×クッション性が低く、耐久性は低くなります。
普段使うものとは別に、旅行や持ち運び用にトラベルマットとして持つことをおすすめします。

3mm~5mmのもの

初心者さんに、最初の1本目のおすすめはこの厚み!
〇適度にクッション性があり持ち運びができる重さです
〇ヨガの種類を選ばずオールマイティに使えます
〇この厚みは特にブランド、カラー、デザインが豊富です

6mm以上のもの

〇かなりクッション性がよく安定します
〇あまり動きがないヨガ、陰ヨガ・アイアンガーヨガなどにおすすめです
〇厚みがあるので座骨や膝への負担を軽減します
×重量があるので持ち運びは難しいです

3.素材

ヨガマット_素材
出典:Panet one
素材は以下になります。

  • PVC(ポリ塩化ビニール)
  • TPE(熱可塑性エストライマー)
  • EVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー)
  • 天然ゴム

よくわからない素材もあるかと思いますので表にしてみました。そして簡単に説明してみますね。

PVC TPE EVA 天然ゴム
グリップ力
耐久性
価格 ×
臭さ
水洗い ×
手入れ
種類
エコ ×

初心者さんはPVCで十分ですよ!

PVC

PVCとはポリ塩化ビニールのことです。

昔からある素材で種類も豊富。少し人工的な臭いが少々ありますがそれほど気になる臭いではありません。

初心者さんの1枚目に選ぶ方が多いです。水洗いはできませんのでお手入れは硬く絞ったタオルで優しく拭くという感じになります。

  • 人工的な臭いあり
  • 水洗い不可
  • 初心者さんの1枚目

TPE

TPEとは熱可塑性エストライマーのことです。

合成ゴムを使用し、ウレタンゴムやシリコンゴムという方がわかりやすいかもしれませんね。

熱可塑性エストライマーはリサイクルが可能なエコな合成ゴムになります。PVCに比べるとグリップ力もあり軽量で臭いも少なく丈夫です。

ヨガを長く続けている方や2枚めに選ぶ人が多い素材です。

  • リサイクル可能でエコ
  • PVCに比べてグリップ力
  • 軽量
  • 臭いが少なく手入れもしやすい
  • ヨガを長く続けてる方の2枚目

EVA

EVAはエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂と呼ばれる熱可塑性合成樹脂です。

クッション・各種緩衝材、マット、お風呂マット、玩具に使用されるクッション性のある素材でリサイクル可能、エコで軽量な素材です。

手触りが良くクッション性やグリップ力もあります。また価格も安く手頃なお値段で販売されています。

しかし、難点を言うならば劣化が早く耐久性が低いことです。

  • エコで軽量
  • クッション性やグリップ力もあり
  • 安い
  • 劣化が早く耐久性が低い

天然ゴム

天然ゴム製のヨガマットはクッション性も良く、耐久性・グリップ力があり素材の種類の中では一番優れています。

重量があるので自宅でのヨガや置きマットとしてはおすすめですが、持ち運びをするなら重たいのが難点になります。
ヨガをこよなく愛する人、専門的なヨガをしている人の憧れでもあり、一生ものとして使用したい方に購入されています。

ゴムアレルギーの方には不向きですので注意してくださいね。

価格も1万円以上が平均ですので、初心者さんは少し考えてしまうかもしれませんね。

  • クッション性、耐久性、グリップ力は一番優れている
  • ヨガを長く続ける方や2枚目に選ぶ方が多い
  • 重い
  • 一生もの・憧れで購入

大きさ

長さ173cm・幅61cmが一般的なサイズになりますが、男性や身長の高い方には180cmのマットもあります。

基準は自分の身長より長めであれば問題ありません。

初めて自分のヨガマット!

ヨガマットはヨガスタジオ、ホームセンター、楽天、アマゾンなどで購入できます。
値段は安いもので1,000円くらいから1万円以上するものまであります。

一番最初に購入するなら3,000円未満がおすすめ!持ち運びに便利なネットケースがついているものや、持ちての付いたゴムがついているものもあります。

楽天市場でピックアップしてみましたので、お気に入りの1枚をみつけてくださいね。

NIKEストラップ付きヨガマット

NIKIヨガマットおすすめ
初心者におすすめ★pvc素材3mmマット
NIKEブランドのストラップつき¥2,800

スリヤのHDエコマット

ヨガマット初心者
初心者におすすめ★TPE素材エコマット4mmマット
少し長めの183cm
スリヤはカラーもたくさんあり、ヨガバッグ、ウェアも可愛いですよ♪

デザインが可愛い♡Wai Lanaヨガマット

Wai Lanaヨガマットおすすめ初心者
初心者におすすめ★PVC素材3.5mmマット
ロータス柄やバンブー柄のマットで色とデザインの組み合わせが美しい

 

まとめ

ヨガマットを選ぶのも楽しいものです。
初心者さんは価格重視で選んでOK。ブランドのものでも安く販売していますので3,000円くらいでも良いものがたくさんあります。
もし迷ったら、
PVCで3~5ミリの価格重視!

お手頃価格でお気に入りを見つけてくださいね。

スポンサードリンク